ホーム  >  今週のクリニック

今週のクリニック

2022年5月18日

 5月も半ば過ぎ、肌寒かったり気温の変化が例年と違うようです。

 コロナの発症はおちついたかのようですがまだまだ近隣での発症はあります。

 発熱、感染症状のあるかたは隔離体制で診察をつづけています。

 現時点ではこの体制での診療が必要で最適かと考えます。

 

 当院での小児5-11歳の方のコロナワクチン受付は終了しました。新規の受付はありません。

 12-17歳の3回目ワクチンは受け付けております。

 

 先日のGW明けの休日診療所では発熱の患者の8割でコロナ抗原陽性で大半が20代で、ワクチン接種は昨年秋までに2回済ませていた方ばかりでした。

 

 

2022年4月21日

 2月3月は発熱外来の対応、熱、他の感染症状の患者を一人一人をどのように診察するのか、どのように隔離するのか本当に日々目まぐるしく、あっという間に桜も散り初夏になってしまいました。

 4月からは昨年は供給不足でご予約いただけなかった日本脳炎ワクチンもお受けできるようになり、コロナワクチンも含め絶対にミスの無いように名古屋市の指導に従って地道に接種続けております。

 本当に月日があっという間に過ぎ去ります。チコちゃんが歳とるとなぜ早く感じるのか答えていましたっけ。

 蔓延防止は解除され駅や栄など賑わっていますが、外食しない、泊まりの旅行は行かない、買い物も最小限など自分の生活も明らかにコロナ以前とは違ってそれが当たり前になり、今後もwith コロナで社会は動いていくのでしょうか。

 昨日久しぶりに庭に出て草むしりしましたが昔Mさんに頂いたスグリが枯れていました。さくらんぼはまだ元気ですが昨年亡くなった恩人のMさんを懐かしく思い出しました。老木の柿はこのところまったく実をつけずですが頑張って青葉を出しています。金柑は元気ですが、イチジク、びわ、ざくろは全く実がなりません。ブルーベリが可愛らしい馬酔木のような花をつけています。今年は初めての収穫がありそうです。ツツジが満開です。剪定したら蘇ったかのようです。

ツツジの下で白い愛犬がこちらを見ていた姿を思い出します。

 先日は久々に滋賀のウォークに出かけ義経元服、平宗盛終焉の地であるかがみの里を訪れました。名古屋は雨でしたが当地は好天気でガイドの話では全く触れられませんでしたがその昔のかがみの王は額田王、鏡の王女の父だったと言われていますが、あの”紫野行き”の蒲生野も近く、万葉の時代にも思いを馳せました。

 

 看護師が新たにスタッフに加わってくださいました。

 医療事務、引き続き募集中です。無声呼人の境地で出会いをお待ちしています。

 

 

2022年3月27日

 寒暖差が激しかった3月も終わりとなり春の訪れです。山崎川の桜も来週には満開となりそうです。蝋梅は散り、水仙、春を告げる山茱萸も盛りをすぎ、可愛らしい花街道の赤い蕾が膨らんできています。

子どもたちにとっても4月からの新しいクラス、学校での生活が待っています。

 

 名古屋市のコロナ患者発症数も少し落ち着いてきたかと思いますが、このような状況で今後どのような小児科診療の展開となるのでしょうか。感染症で病院に紹介する症例はほとんどなく、インフルエンザも昨年今年と皆無です。

その時々の周囲での感染状況を踏まえ、患者の症状に応じて最適な隔離体制、診療体制を心掛けております。

 

 5−11歳の小児コロナワクチン接種開始しました。5月末までの予約枠はほぼ埋まりましたがキャンセルも多くタイミングよくお受けできることもあり希望される方はご連絡ください。

 12−17歳の3回目接種も開始されます。

 

 医療事務募集しております。資格は問いません。よろしくお願いします。

 

 

2022年3月2日

 短い如月はあっという間に過ぎ、弥生の月となりました。

急に春めき厚いダウンコートはクリーニングです。

3月月になり春めいてきて、発熱外来に訪れる患者は急減しコロナも少し落ち着いてきたのかなと思いますが、このような状況がだらだらと続くのでしょうか。

コロナ流行の状況に応じて隔離体制は日々変更し、ご迷惑をおかけしておりますが、院内トリアージとしてHEPAフィルターの隔離室を2室設け空間的時間的隔離をきちんと行いスタッフの献身的な支えもありなんとか診療をこなしています。

 

 コロナワクチン:12歳以上の方、初回の方、3回目接種の方お受けしておりますが、当院ではファイザー社製のみとなり市からの供給が激減し、また現時点(3月2日)で3月15日以後の予約は取らないよう指示されており、14日までの予約は全て埋まっており接種券がようやく届きお電話いただいてもお断りしている現状です。申し訳ありません。

 5ー11歳用の小児のワクチンはファイザー社製ですが12歳以上のワクチンとは全く仕様が異なります。別枠で予定しております。

 

日々の診療をこなすのに精一杯ですが、これも自分に与えられた使命と思い自分の健康にも気をつけ早寝早起き毎日のウォーキング、ラジオ体操続けております(笑)。

 

4月からは近くの小学校の学校医もお受けすることになりました。頑張っていきます。

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

2022年2月7日

 寒い2月です。名古屋でもコロナ流行で休園休校が相次いでいます。

しっかりと院内トリアージ実施し、必要な方にはコロナ抗原検査(検査キット数も限られてきておりますが)施行しています。

HEPAフィルター装備の隔離室を院内外に2カ所設置しました。

日々最適な診療体制をとるよう努力を重ねておりますが、流行の状況により隔離状況は変化していますのでどうぞご了承ください。

周囲でコロナ発症があった、自分も風邪症状ありかかっているかどうか心配などのかたはぜひご相談ください。

 

コロナワクチンも3回目も含め行なっています。

3月からは12歳未満のワクチンも予定されていますが詳細は不明です。

 

 

2022年1月26日

 コロナ大流行下慌ただしく一月も過ぎ去ろうとしています。

近隣の学校、園でも休校休園が多数で本当に大変な事態です。

コロナ抗原検査キットも少なくなり、当院では抗原検査のみ行なっています。感冒症状でも感染の心配ある方はご相談ください。

 

感染性胃腸炎で嘔吐下痢の子が目立ちますが、高熱で受診される児はまれですが感染症状ある方はHEPAフィルターで換気を行い別室での診察となります。

 

コロナワクチンファイザー社製で3回目接種も含め行なっております。名古屋市からの指示で2月中旬からの予約はとれない状況で、ワクチンの配給数も減少となります。ファーザーワクチンが不足しているためでしょうか。

クーポンが届いた方で高齢者の方含め先着順に予約お受けしております。

 

 

2022年1月6日

 新年あけましておめでとうございます。

年末から雪も降り名古屋でも凍えるような寒さですが、4日から診療開始しております。

コロナの第6波がじわじわと拡大しているようです。発熱の患者も数えるほどですが今年もしっかり感染対策をとって小児科最前線での診療にあたっていきたいと思います。

 

 コロナワクチン接種も行なっております。3月からは12歳未満の小児の接種を当院でも予定しております。11歳以下の小児のコロナワクチンはファイザー社製で製品扱い方が大人用とは全く異なるものとなるようです。

現在12歳以上でクーポンのある方は土曜日限定ですが、初回接種、2回目、3回目接種共ファイザー社製で承っております。集団接種は2月からはモデルナ社製になるようです。

 

 

2021年12月24日

 木枯らしの季節となりました。コロナワクチン、インフルエンザワクチンでバタバタと秋が過ぎもう2021年もあと少しです。

29日水曜日の午前まで診療を行います。新年は4日から通常通り診療を行います。

インフルエンザの発症はなく、もちろんコロナも今は落ち着いています。インフルエンザワクチンは供給も少なかったですが接種希望者も例年より少なく、アメリカでコロナのオミクロン株と共にインフルエンザも流行と聞きますがとにかくこの事態ではワクチンで予防できるものはといった感です。5歳から11歳のコロナワクチンも予定されるようで、当院でも接種可能で挙手しました。12歳以上でクーポンお持ちの方は1回目からでも2回目、3回目も受け付けております。土曜日のみです。平日は接種人数の確保が困難です。直接お電話でのみ承っております。当院ではファイザーワクチンのみ使用します。

 コロナの非常事態宣言が解除されてからまた少しで歩けるようになりました。先日はローカル線で近江大津京と三井寺に行ってきました。地元のガイドによる大津散策でしたが、近江京時代の遺跡は道路で分断されかなり住宅地になっていましたが一角に坂本信幸先生が書かれた柿本人麻呂の歌碑を見つけました。ガイドさんの説明も何もありませんでしたが、先生と山辺の道、宇治などを歩いたことが思い出されました。美しい繊細な文字でした。

 

 

2021年12月6日

 10月11月はコロナワクチン接種、インフルエンザワクチン接種で慌ただしくすぎ去りもう師走です。熱の子もほとんどなく、インフルエンザの発症はありません。

インフルエンザワクチン接種はほぼ予定通り希望される方には接種が進んでいます。コロナワクチンは12歳になり新たにクーポンが届いた方、まだ2回が未接種の方、医療従事者の3回目を受け付けております。

土曜日限定です。今後も当院ではファイザー社製のみでの接種を予定しております。

今年は29日(水曜)午前中まで診療を行います。オミクロン株コロナの流行はどうなるのでしょうか、小児への感染性が強いようですが、日本での小児へのワクチンもどのように始まるのでしょうか。

この間コロナ禍で一開業医としてできる限りの診療を模索し心がけてきました。もう2年近くになりますね。当初はマスクもアルコールも防護服もない状況で自分たちも感染してしまうのではないか、発熱の患者は診られないのではないか、ワクチン接種が始まった頃は私たち医療従事者は1回目は市大での接種となりましたがまず接種すべきかどうかも含めて悩みそれはそれは緊張しどうなることかと不安だったのがもう随分昔のことのようですがまだ半年前です。小児科患者も激減し、発熱の患者どころか予約の電話もかかって来ず、自分もクリニックもどうなってしまうのだろうと気分的にも毎日沈んでいましたが、ちょうど一年前昭和区の休日診療所の当番で出勤時に医師会の先生方のアドバイスもあり、当院でも発熱外来として熱の患者を診察できるようになり、常にベストな方法を模索しつつ診療にあたってきました。コロナワクチン接種にも当院としてできうる限りの体制で臨みワクチンが余剰で廃棄(0.4%)することはほとんどなく接種をすすめてきました。私にとって座右の銘の一つでもありますが、真面目に頑張って生きていれば困った時には必ず自然に道が開ける、ことが示されたこの一年でした。本当に皆さまに心から感謝です。これからも体に気をつけて頑張っていきます。

 

 

2021年11月24日

 インフルエンザワクチン、コロナワクチンで忙しくしているうちにもう冬の気配を感じるこの頃です。

 インフルエンザワクチン、供給追加でありあと10人ほど予約可能です(11月24日現在)

 コロナワクチン、12歳以上で接種まだの方土曜日に限定し予約可能です。

 

 

 熱の子も見られますがコロナ、インフルエンザの発症はまだありません。

 ヨーロッパ諸国ではロックダウンするほどの流行がありこの波が1−2ヶ月遅れて日本にもまた第六波?として押し寄せるのでしょうか。

 Xファクターはあるのか?、

 

 コロナをしばし忘れたような人出賑わいで、先日は延期になっていた魏志倭人伝ツアーで九州に出かけました。いわゆる傍国として吉野ヶ里遺跡も訪れることができました。

 古代の遺跡復元から、広さ高さを実感できこの地を選んだのもなるほど、でした。

 

 予備知識なくツアーで訪れる歴史の地には感動があります。時の権力者に立ち向かった九州の”磐井”、以前訪れた東北の”アテルイ”、奈良の”葛城襲津彦そつひこ”、

 その地に立って歴史上の人物の生き様に思いを馳せる時が本当に幸せで、まだまだ知らないこと知りたいことだらけです。

 

 

2021年9月06日

 秋になりました。秋雨の数日間でしたが今朝は晴れています。秋も不安定な気候が続くのでしょうか。

緊急事態宣言下、近隣で幼児小児のコロナ感染者も増加しているようです。学校幼稚園も始まり、本当にクラスターにならず早く落ち着いてほしいものです。

 

コロナワクチン:土曜中心に行っております。当初10月初旬までとしましたが12歳になり接種券がくられてくる方もお見えで今後も厚労省が予定している2月までは数人に限り接種を続行する予定です。

        今からの予約では10月末になってしまいますので、少しでも早くにとお考えのかたは他院、または集団接種をご予約ください。

 

インフルエンザワクチン:予約開始しました。一部ネット予約も可能です。電話ご予約の際は電話が混み合ってつながらないことも多々ありますのでご了承ください。

            今年は供給量が例年の6割程度とのことで、当院でも予定数に達しましたら終了となります。

            コロナワクチンとの間隔は2週間必要です。

 

発熱外来:熱のあるかた、コロナ感染の疑われる症状の方は発熱外来として診療させていただきます。専用HEPAフィルター付きの換気で防護体制をとって診察しています。

     必要に応じてコロナ抗原検査を行います。ビル内にもお入りいただけませんので可能な限りお車でお越しください。当院ではPCRは行いませんので濃厚接触者の方など必要なかたは他院をあたってください。

 

 

2021年8月29日

 コロナ ワクチン:名古屋市からの供給量が先週から約1ヶ月のみ週7本に増量されましたが予約枠は全て埋まりました。キャンセルがあった時のみ受けられます。

 インフルエンザワクチン:メーカーからまだ何の情報もありませんが一応予定通り10月下旬から開始予定でいます。電話予約は9月1日から行います。一部ネット予約も可とします。

 

 愛知、名古屋市が先週から新規コロナ陽性者が過去最高となり、緊急事態宣言が出される状況となりました。

 近隣の保育園でも休園となったところもあるとお聞きします。。

 

 当院では2週間前から発熱はじめコロナ感染が心配される方は発熱外来として診療を行なっております。必要な場合は熱の有無にかかわらずコロナ抗原検査(簡易定性検査で15分で結果が出ます)を施行します。

 PCRはできませんのでPCR検査をご希望される方は検査可能な他院にお問い合わせください。

 濃厚接触者で保健所の指示で自宅待機中のかたはオンライン診療を行っております。

 熱のある方、当日が解熱していても熱のあった方、熱以外でも感染症状のある方は必ず電話予約の際お申し出ください。

 

 

2021年7月16日

 梅雨で蒸し暑く鬱陶しい日々です。土石流災害も大変な事態です。

愛知のコロナ 新規感染者数は二桁を保っているものの変異株がまた猛威を振るうのでしょうか。

熱の患者は少ないですが、きちんとトリアージを実施しつつ発熱外来を行なっています。園、学校、周囲での感染症の流行をお聞きし、症状からコロナ抗原(簡易検査)含め溶連菌、RS、アデノなど疑われる疾患の検査を行い、結果はお電話にてお話し院外処方ですので薬局の先生が薬は直接届けて服薬指導してくださいます。本当にこのような体制をとって発熱外来ができるのも松栄薬局の多大なるご協力のおかげです。

当日は解熱していても発熱のあった方も院外で待機して頂き、ご予約ない方は熱がなくても院内にはご案内できませんので必ず受診の際にがお電話ください。このところ曜日により患者数は大幅に違いますが発熱の児が日に数人あり、昨年の今頃は患者数激減し電話もない状況でもう閉院かと思うほどでしたが、頼ってくださるご家族に励まされ、当院に受診していただく患者に一人一人真摯に向き合っていこうと健康に気をつけ毎日気を引き締めております。

 コロナワクチンですが、先月からスタッフの2回目含め日に1本(6人分)から初めております。ワクチン接種にあたっては準備、アナフィラキシーの初期対応など最大限注意を払い供給されるワクチンの余剰廃棄がないようにきちんと予約管理しております。ワクチン供給減で当院の割り当ては週3本(18人分)までとなり少ないですがご希望の方優先で土曜日にワクチン日を設定しております。インフルエンザワクチン接種開始前10月8日までの短期間となりすでに半分は予約が埋まっております。ファイザーワクチンで3週間隔で2回の接種となります。コロナワクチン接種の前後2週間は他のワクチン接種、同時接種もできません。

 一開業医としましてスタッフ一同できうる限り頑張ってまいります。よろしくお願いいたします。

 

 

2021年6月10日

 コロナ禍に加え梅雨、真夏日で気晴らしに遠くへ出かけることも外食などもずっと叶わず、今度の休日には何をしようとかどこへ行こうとウキウキした日々はもう戻ってこないのでしょうか。

 発熱の患者も冬、春先よりも目立ちます。コロナ抗原簡易検査で陽性の方はこれまでのところみられません。溶連菌感染、RSの児が目立ちます。

 先日も遠出はできず、名古屋市史跡巡りで吹上から千種今池を一回りしてあとは庭の草取りと古畑任三郎(本当に何度見ても田村正和は魅力的です)を見て一日をすごしました。

 古井の坂辺りは河合塾女子寮で一年を過ごした懐かしいところです。田舎から河合塾予備校に入り、初めて親元を離れ名古屋に出てきたのはいまから50年近く前で、この辺りに貸本屋、旅館、公設市場があったかな、と歩いていくと女子寮のあった場所はマンションになっており道沿いも昔の面影は失われていましたが、なんと昔からの和菓子屋が記憶のままの店構えでそこにありました!当時は本当に貧しく、両親がおそらく借金してまで河合塾に入れてくれており、和菓子を買うお金もなく、寮生は15人でしたが山口出身の美しいお姫様のような帰国子女のHさんが体を壊してお母さまが名古屋まで看護にこられ、その時いただいた鬼まんじゅうを半世紀ぶりに美味しくいただきました。貸本屋は40円ほどで新刊漫画雑誌も借りられ漫画好きの寮生で回し読みしました。その時出あったのがデビューしたての萩尾望都でした。当時文学少女の愛読書だったヘルマンヘッセを凌ぐ?珠玉の短編漫画に感動したのを今も鮮明に思い出します。

 

 ようやく私もコロナワクチン2回接種終了できました。2回目はクリニックで行うことができ、今後64歳以下でクーポンが発行され希望される方には当院でも個別接種が可能となりそうです。当院受診歴のある方のみ対象とします。

完全事前予約で行いますので接種日など詳細はこちらのHPでお知らせします。

 

 

2021年5月7日

 咳、嘔吐下痢、腹痛の症状でRSウィルス感染、ノロウィルス腸炎、溶連菌の患者が目立ちます。

 発熱の児は別室で院内トリアージ扱いとし、必要に応じてコロナ抗原簡易検査を施行しております。PCR検査は行っておりません。

 

 当日は解熱していても熱のあった方、発熱がみられる方は事前にご連絡願います。愛知でも緊急事態宣言が発令されるようです。一開業医として日々来院される患者にできるだけの対処をして行きたいと思います。

 

 

2021年5月6日

 連休が終わり、今日から診療です。また日々気を引き締めて、このコロナ禍一人一人の患者に対して行きたいと思います。引き続き熱の方は別枠で診させていただいております。前日に熱があった方も必ず事前にお知らせください。

当院ではコロナ抗原簡易検査は行っています。連休前にはRSウィルス、ノロウィルスの発症がありました。嘔吐熱、下痢の子も目立ちます。

私どものワクチン接種予定はようやく決まった状況で、受診歴ある16歳以上の方へのクリニックでの接種の詳細はまだ決まっていません。

昨年も今年も連休中は孫たちの帰省もなく、どうやって過ごそうか思案しましたが、桑名城、垂井町の南宮大社、岐阜歴史博物館での壬申の乱展で4連休が過ぎました。

東海道は熱田の宮の渡しから舟で桑名の七里の渡へ来て桑名宿から京都大阪まで繋がります。桑名城は本田忠勝の城で立派なお顔をした長い槍を持った強そうな銅像があり、ただ勝つのみと名付けその名の通り戦で一度も負傷しなかったとか、真田丸で藤岡宏が熱く演じていました。昨年末から愛知街道巡りという会に所属し二川宿から前回は藤川宿まで来ています。城巡り、街道巡りはなかなか楽しいです。あちこちすぐに行けて愛知に住んでいて本当に良かったと最近思います。翌日は垂井町観光協会のウォーキングで南宮大社から安国寺、毛利の陣地まで山歩きでした。ぜひ行きたいと持っていたコースで松尾山よりはかなりハードでした。なんでこんなところに陣を構えたのだろうと、ますます関ヶ原の戦いが面白くなります。ここで参加者の一人にお聞きして岐阜の歴史博物館で開催されている壬申の乱展に行きました。以前にも吉野から不破まで壬申の乱を辿るツアーは2回も参加しましたが、大海人皇子と尾張の豪族との関わりが謎であったことは今回の展示とビデオ講演で知り、目下学習中です。ネットで調べると本当に民間の歴史研究家が物凄い資料を提供されています。

 

 

2021年4月30日

 毎日患者は少ないですが懸命に?診察しているうちにはやGWです。お正月もでしたが今年のGWもまご達は名古屋へ帰って来られず行くこともできず、ひたすら近場のウォーキングで体力維持に努めたいと思います。

コロナワクチン、私ども開業医でも5月中旬から1回目接種予定とようやく案内がありました。それ以後名古屋でも学校や区役所での集団接種に加え個別に指定を受けた開業医でも行われる予定です。当院も一般の方々が開始になる頃予定しておりますがまだいつから配送されるのかシステムの登録も大変で全く詳細は不明です。ファイザーワクチンのみの使用で3週間間隔で2回の接種となり、解凍後6時間での使用となり、当院に受診歴のある方のみの対応となります。

 

 昨日は雨と強風の中、近場でどこへ行こうか思案し名東区の柴田勝家の史跡を少し廻りました。勝家坂という案内があり、柴田さんというお家が多く、私の好きな武将である勝家も(瓶割城、玄蕃尾城ももちろん行きました、越前北庄はまだですが)、前田利家も名古屋出身なんですよね。あとはひたすた撮り溜めした番組を見てVTRの残容量確保に努めました。”麒麟が来る”前半は悠長でなんだかつまらなくなり桶狭間以後最終回以外見ていませんでしたが、本能寺の変の解釈がこう来たか!と、長谷川光秀、染谷信長、そして玉三郎様の帝も素晴らしく、帰蝶さまも美しく凛々しく私的には本当に良いドラマでした。才能ある俳優が作品の中でさらに一皮も二皮も剥けて歴史上の人物が乗り移ったかのように顔つきもまるで別人のように変貌していくのは本当に身震いするほどでした。登場時にはなにこの童顔、浦島太郎?と思った染谷信長、後半は信長の肖像画にも似てきたような、歴代の信長役でも最高でした。

 

 GWは暦通りの診療です。

 

 

2021年3月29日

 3月は何かと忙しくしているうちに桜も満開となり、ウォーキングで道端に見かけるツクシはほとんど枯れ、今年は春の訪れが早いと思っていたら昨日近江では城跡にわらびがニョキニョキと生え、薄紫色のショウジョウバカマが群生していました。昨日は雨の中、信長が浅井長政の裏切りの後岐阜に逃げたルートである千草越えの山道を少し歩き、火縄銃で狙撃されたという善住坊の隠れ岩に行きました。東近江も観光協会のおもてなしもガイドの大沼先生も魅力的で何度も訪れたくなるところです。

 コロナ禍から早一年、まだ私どものワクチンの情報もなくまた流行の波が来そうで、鬱々とした気分は脱したもののまだまだ心晴れやかとは言えない日々が続きます。

 3月は花粉症、アレルギーで来院される児が目立ちます。発熱の児はあまり見られませんが、このような状況下ですので引き続き熱の患者は別室で院内トリアージを実施して診療させていただいております。

 院内HEPAフィルター付きなど空気清浄機4台設置し、消毒、入室前の検温など感染予防には極力努めて参ります。

 

 

2021年2月26日

 春です。花粉が飛び始めた様で花粉症状訴える方が急に増えています。アレルゲン舌下免疫療法についてお問い合わせもありますが、今の季節から開始することはできません。夏ぐらいから体調の良い時お休みが取れるときから注意深く始める必要があり、3年から5年の定期的な通院が必要でアナフィラキシーの危険性もあり、新規の方はよくよくご相談の上でとなります。

 

 コロナ禍つらい一年でしたがなんとか毎日元気を出してと頑張っております。ようやく愛知で緊急事態宣言介助となりそうですが名古屋の患者数は一桁にはならず、with Coronaで予防注意しつつワクチン接種が行き渡り終焉するのを待つのでしょうか。当院でも年末から発熱外来を設けていますが、インフルエンザもゼロ!で患者も少なく心配したコロナの発症も見られません。というか、予防効果か他の要因か発熱の児もあまり見られません。

 

 春の訪れとともに昨日心躍る待ちに待った知らせがありました。医院以来当院の中心だった看護師が8ヶ月ぶりに来週から戻ってきてくれます!

スタッフも入れ替わりがあり昨年秋から新しくベテラン看護師が2名加わってくれしっかり支えてくれています。先日は以前からの看護師が膝関節の手術のため退職され、本当にありがとうございました。

 信頼できるスタッフの方々との出会い、頼ってくださる患者ご家族との出会い、この様に仕事を続けられることに感謝し日々の診療にあたっていきたいと思います。皆様よろしくお願いします。

 

 

2021年2月13日

 立春を過ぎ、山﨑川沿いの通勤道には水仙が咲き、ロウバイ(本当に蝋のような花弁ですが梅の香りがします)は盛りをすぎ、田舎の山の早春を告げていたマンサク、梅も花開こうとしています。

道端にはオオイヌノフグリ(何でこんな名前をつけられたのか本当に可愛らしい花です)が見られ、もうすぐ春です。

 コロナ新規患者は減少しているようでほんとうにこのままワクチン接種が進み収束してくれることを願うばかりです。幸い家族患者も含め近辺での発症はみられませんがコロナ禍で田舎の母を訪ねることも憚られ入院されていた親しい方々のお見舞いにもいけず、県外の家族にも会えず、鬱々とした日々にもトンネルの先の春の日差しが見えてきますように、自らを励まして毎日を送っています。

 医療従事者のコロナワクチン接種が開始されるようで、昨日希望するスタッフの名簿を送るよう保健センターから指示があり近くの病院が指定されるのでしょうか。自分自身小さい時ワクチンやペニシリンなどでアレルギーあったようで、高齢者肺炎球菌でも腕がパンパンに腫脹して熱が出てその様に問診に書いたら接種会場での担当医師はどうするのでしょうか、自分だったら、見合わせましょうか、とかご自分の判断でというしかないでしょうね。というところで実際まだ迷っています。まず医療従事者が先で大病院で接種、その後の高齢者から16歳以上の市民対象に名古屋では月18回小学校や、保健センターで私ども開業医中心に医師看護師が出務し接種に当たる様で、解凍したファイザーワクチンを開業医に回す方式ではなさそうです。

 

 

2021年2月2日

 緊急事態宣言下、近隣でコロナの発症はなさそうですが、インフルエンザ、RSウィルス流行の園もあるようです。

ここ3日間は名古屋の新型コロナの新規感染者数は二桁でワクチン接種も始まってなんとか1日も早く収束し以前の生活様式に戻りたいものです。

当然ですが11月からWebでの自動予約は中止しております。熱のある児は院内トリアージを施行し院外で診させて頂いております。

そろそろ花粉症の季節です。どうぞ皆様受診抑制されることなく、軽い症状でもご相談ください。

 

コロナで暇で鬱鬱とするなか今は学習とオンラインセミナーを多々数十時間も受講しました。

 小児科専門医講習、オンライン診療講習(講習後のテストで全問正解が必須で資格を取るのが大変でした)アレルギー免疫舌下療法の処方資格も取りました。こちらも受講後の試験で全問正解が必要で、久々の勉強試験でした。

 

 遠出はできず、かといって体力維持も必要で気分転換にもなり、このところ近場の歴史セミナー、愛知の城巡り街道巡りにはまっています。先日は寒い中、”若き信長、桶狭間への道”セミナーで有松から桶狭間古戦場まで信長公記を基にかぎや数人氏の”新説”にそって歩き、折り返し高根山から善照寺砦を望みなるほどと納得し足が棒の状態で帰ってきました。あの日信長が鳴海のあたりからこの道を通って桶狭間に向かった、文献的にも現地の地理的にもまさにこの地、このルートだろうと熱く語る講師の水野先生の案内にワクワクする思いでした。コロナの影響をまともに食らった大河ドラマ”麒麟が来る”もいよいよ来週が最終回、日本史上最大の謎と言われる本能寺の変がどのように描かれるのか興味深いところです。期待した大河ドラマで、光秀ゆかりの地のドラマ館は4箇所全て訪れましたが、なんだかと脚本演出がしっくりしなくて最近の放映分は録画しただけであまり見ておらずでした。昨日は久々に美しい帰蝶さまが登場され、あの感じでは病死されるのでしょうか。川口春奈本当に素敵でした。染谷将太も登場した頃は何このチビで丸顔信長!と思いましたが(わたし的にはやっぱり高橋幸治です)、最近では顔つきも肖像画の信長さまにそっくりになられドラマ歴代最高の信長と言えそうで、演技力のある才能あふれる今が旬の俳優とは凄いものだなと引き込まれてしまいます。

 と、なんとかめげずに踏ん張り頑張っております。

 

 

2021年1月11日

 新年、コロナ大流行の中1週間がすぎましたが、クリニックは発熱で受診された患者はみえませんでした。医療崩壊が叫ばれていますが小児科に受診される患者は激減しており、当院もワクチン接種の子ばかりです。

元旦に内科の理事の先生とペアで昭和区休日診療所を担当し、どうなることかとかなり構えて出勤しましたが、小児は2人だけ内科の熱の方含め20人ほどとすくなく、内科の先生の熱の患者への対し方を勉強させていただき所長の先生にも本当にいろいろお教えいただきました。地域の内科も医師会長、理事、休日診療所長先生はじめ最大限の努力を払って患者の診療にあたっておられ本当に励まされ学ぶことの多い元旦でした。

当院で昨年12月始めから行っている発熱外来とほぼ同じで、熱の方は院外でコロナ 抗原検査(熱のある全員)、必要に応じてPCR検査(当日は対象となった方は1名のみでした)を施行しました。

当院でも、熱の方は院外での診察で必要に応じてコロナ抗原検査を行っています。当初は検体の採取が安全にできるかなど心配しましたが、鼻腔からのインフルエンザの検査と同じ検体で同時に検査可能です。

コロナ 抗原検査はコロナ 抗原COVD-19簡易検査で15分ほどで結果が判明し、熱2日目から9日目ごろまでは陽性であれば診断できます。濃厚接触者などPCRが必要な場合は他院に紹介させていただきます。

 

まだ当面Web予約は無理で、一人一人症状をお聞きし、ベストな対応をして心がけております。

院内で診察の方はワクチン接種が大半で発熱以外でも感染症が疑われる方は別枠、別室での診察とさせて頂いておりますのでよろしくお願いいたします。

院内は消毒換気を徹底し、付き添いの方も含め全員入室の際には熱を測り手指の消毒にご協力いただいております。

患者激減で小児科閉院の噂も聞くこの頃ですが、自分達も感染を予防しこのような状況のなかなんとか踏ん張って診療を続けていきたいと考えております。

どうぞ皆様のご理解ご協力をよろしくお願いします。

 

 

2021年1月1日

今日1月1日は休日診療所の当番です。コロナ流行がこのような状況で診療所でも抗原、PCR検査を施行する体制で臨んでいます。

例年冬の当番時にはインフルエンザ検査の対象患者が日に100人以上と大変で、今回はコロナ大流行下で緊張して出勤しましたが、患者は少なく今日は落ち着いています。コロナ抗原検査施行したのは数名でみな陰性でした。

昨年はお世話になっている親しい方が若くしてガンと診断され、今闘病生活を送っておられます。嵐ファンの方で、先日宗像大社を訪れた際、近くの宮地嶽神社の光の道の向こうに夕日が沈むお守りを買ってきました。嵐のCMで有名になったそうです。

春からのコロナ禍で、家でオンライン勉強する時間、必要性もあり、小児科専門医更新、オンライン診療資格、さらにスギ、ダニアレルギーの舌下免疫療法の処方医資格もとりました。結構大変でしたが、がんばりました。診療に幅が広がりそうです。その昔みなみこども診療所時代に皮下免疫療法で喘息、アナフィラキシーが誘発された児もみており、舌下免疫療法は局所の副作用が大半とはいえ一開業医の立場で安易に患者に導入すべきではないとの考えを再認識した次第です。ご相談には応じますので気軽に声かけてください。

 

 

2020年12月15日

 今週は寒くなり今日は名古屋も雪の予報です。

 インフルエンザワクチン不足でお断りした方もお見えですが再入荷あり10人ほど余裕があります。ご希望される方はご連絡ください。

 コロナの流行とともにまた患者は少なく、熱発の子もあまり見られません。

 保健所から委託の3カ月健診はじめワクチンのお子さんがほとんどです。熱のお子さんは院外で診させて頂いております。

 コロナ禍小児科患者激減の中、感染予防に取り組みなんとか踏ん張って乗り切っていきたいです。

 

 

2020年12月07日

 12月12日(土曜)休診させていただきます。

 

 インフルエンザワクチン接種も先月でほぼ予定の大半が終了しました。インフルエンザの発症が全くみられず。熱の患児も少なくなんとか毎日の診療を乗り切ってきました。

コロナの大流行の中、今日は昭和区の休日診療所の当番でした。熱の患者をどう診るのか緊張して臨みましたが、所長のご指導と慣れたスタッフの協力あり、患者も少なく責任を果たせほっとしております。

 

 コロナ流行下、開業医レベルでの診療を巡る情勢も日々変化しております。

発熱の患者は院外で診察させていただいております。12月はワクチン患者も減少してきますので、発熱患者は時間を設定しての診察にさせていただく予定です。

かかりつけ医としてできるだけの対応をして心がけていきたいと思いますのでよろしくご協力ご理解のほどお願いします。

 

さて、相変わらず遠出はできない状況ですが、この春コロナで外出自粛以来、地元ウォーキングに徹しすっかり信長にはまっています。尾張に名古屋に信長あり、”信長攻路”です。先月は桶狭間周辺の砦、義元がどのルートを取ったのか、信長はどの砦から敵の動きを見てどう動いたのか、桶狭間の戦地は実際豊明だったのか緑区だったのか、信長公記を歩くワクワクするツアーで次回はいよいよ桶狭間の戦いの信長軍のルートです。何も観光どころのないと言われる名古屋に住んでいて本当に良かったと最近しみじみ思います。秀吉はもちろんですが、柴田勝家も前田利家も名古屋の生まれとは知りませんでした。

 

 

2020年11月11日

 急に暖房が必要な季節になり暦の上では冬になりました。

 クリニックは病気の患者は激減しワクチン接種の児がほとんどです。ここ数日で愛知でもコロナ流行の第三波が到来し、診療をめぐる情勢も大きく変化してきています。

 

 10月からコロナ抗原検査が開業医でも可能となりました。ここ数日当院として熱の患者、コロナ抗原検査にどのように対応すべきか検討を重ね、現時点での方針です。日々状況が変化しており変更の可能性もあります。

 

 現時点では当院ではやはりコロナ抗原検査は行えません。

 コロナ感染も疑われる発熱患者を時間的空間的に分けることが不可能であり、小児では鼻腔奥からの検体採取が安全にできないからです。

 

 発熱の患者は、車中などでお待ちいただき院外での診察を原則とさせていただきます。

 オンラインでの対応も可能ですが、これまでの経験から小さな子を画像だけで診療するのはかなり困難です。

 検体の採取が安全に行えるインフルエンザなどコロナ以外の迅速検査は可能です。

 かかりつけ小児科医として一人一人の患者にできる限り最適の対応をしていきたいと考えております。

 Web予約は中止させていただいております。必ず受診前に直接お電話で病状をお話の上ご予約ください。

 

 

2020年11月6日

 つい先日まで冷房だったのに急激に冷え込み暖房の季節になってしまいました。

 

 10月はこれといったウィルス性疾患の流行もなく、この夏には手足口病などの夏かぜも全くなく、突発性発疹の乳児もまばらでした。手洗いマスクなど感染予防効果の現れでしょうか?

コロナで今年はどうなるかと思いましたが例年通りインフルエンザワクチン接種開始でき、例年より早めの接種が勧奨されており既に予定のほぼ半数が終了しております。万全の体制で頑張っております。

 GO TOキャンペーンも盛んで9月ごろからコロナの報道もなくこのまま落ち着けばと願っていましたが、寒くなり第三波到来とも言われ、厚労省、医師会の指針を見ながら今後の診療をどう安全に行っていけばいいのか目下思案中です。

 

 

2020年10月10日

 急に肌寒くなり、秋冬の訪れもあっという間です。本当にあの猛暑はどこへ行ったのか、夏の温度を冬に備えておくような技術はできないものでしょうか。

四季折々の美しさを体感できる国に生まれてよかったと思いますが、この四半世紀名古屋でも冷暖房は必須で明らかに日本も過ごしにくくなっています。 遠出する元気はまだありませんが、先日は城ウォーキングで犬山城、木下城趾、古くからの街道、虎口(こぐち)だったと思われる路地を巡り、犬山城周辺は以前のようなすごい人だかりでした。先月の信長探訪は村木砦で来月はいよいよ桶狭間です。桶狭間は何度も行きましたが最近の研究では信長の奇襲攻撃はなかったのが定説になってきているようで、今川義元、信長の攻路も現地の地理、高低差から現場で信長公紀を検証?するのも本当に楽しみです。

 

インフルエンザワクチンやはり全国的に不足事態のようです。当院でも予約はほぼ埋まってきており残り少なく来週には予約をお断りする事態になりそうです。

 

愛知でのコロナの流行は落ち着いていますが、インフルエンザの流行はどうなるのか、発熱の子をどうみていくのか日々暗中模索し、最良な方法でと考えております。

 

厚労省の医師向けのオンライン診療研修終了し、修了証をいただけました。

小児科専門医も更新しました。頑張って勉強を続けます。

 

 

2020年10月6日

 夜のエアコンも要らなくなり彼岸花も枯れてきたと思いきや、今朝は肌寒く、急に秋の訪れを感じるようになりました。

 

インフルエンザワクチン予約は予定数の7割埋まり、当院での接種をお考えの方は早くご連絡ください。当院では従来通り13歳未満の小児には2回接種をお勧めしております。

今年は名古屋市では高齢者が無料となり小学2年以下の子も1回につき1000円のクーポンが使用できると昨日詳細が明らかになり、ワクチン不足も懸念されます。

クーポンは10月15日から使用可能で、当院でもご案内でき名古屋市のHPからもダウンロードできますが、保護者のサイン、本人確認のため健康保険証などの確認も必要になります。

当日提出のない場合はクーポンの利用はできません。

クーポン利用の詳細が明らかになったのは今週で、先週以前に問診票を取りにご足労いただいた方にはクーポンのご案内はできておりませんでした。

 

 

2020年9月25日

 インフルエンザワクチンご予約承っております。

10月15日〜令和3年1月31日の期間 名古屋市で小学校2年以下の児童に1回1000円の補助クーポンが使用できることとなりました。利用方法、記載内容など詳細はまだはっきりしておりませんが、当日受付でご提示いただくこととなります。小学3年以上、65歳未満の年齢の方ではクーポンの利用はできません。すでにワクチンは昨年度数分は入荷してきておりますのでコロナとの兼ね合いで早めに接種ご希望の方はご連絡ください。

今年は接種希望者が全国的に増加し、当院でも入荷数が限られておりますので早めにご予約ください。例年通り年内には接種終了の予定です。

毎日ワクチンの時間帯を設けておりますが、特に11月は大変混雑しますので日によっては予定の時間より遅れる事態もありますのでご了承ください。

 

 

2020年9月12日

 台風到来、大雨、蒸し暑さで過ごしにくい今週でした。

クリニックは今年は手足口病も全く見られず、かぜの患者もいません。

お知らせ事項でインフルエンザワクチン予約ご案内しておりましたが、厚労省発表で高齢者優先となり他は10月26日とあり、また名古屋で一部小学校2年以下への一部助成も検討されているようです。

 

ワクチン入荷日も入荷数も未定ですが、ワクチン不足も懸念されます。ご予約は引き続き承っておりますのでお早めに御願いします。

予約システムできちんと管理しておりますので、10月26日以前に予約された方で接種を遅らせることになる場合は必ず連絡させていただきます。

 

毎日コロナ流行のニュースには敏感になっておりますが、この秋冬インフルエンザの流行を踏まえ一部開業医レベルでも唾液、鼻咽頭液でコロナのPCR、抗原検査を行って行く方向のようです。当院でも先週からスタッフ一同検討しておりますがやはり当院の体制では検査は困難で、10月末以後高熱でインフルエンザ、コロナの疑わしい方心配な方は検査できる医療機関へのご案内になると思います。

今後熱のお子さんにどのように対していくのか、近隣でもコロナ陽性者が出ており、現時点ではやはり電話オンラインでまずは状態をお聞きし最良な診療を心がけております。私自身この年でも厚労省のオンライン研修を受け新しい診療スタイルで取り組んで行きます、

スカイプのアプリで簡単にできますので(HPにやり方記載)かかりつけ医として当院に受診されている患者様はどうぞ早めにダウンロードしオンライン診療可能なように今からご用意願います。親御さんのスマホ一台でご家族誰でもオンライン診療は可能です。

 

 

2020年8月29日

 残暑も厳しいですがいつの間にかセミの鳴き声も聞かれなくなり日も短く朝夕には秋風、本当に大変だったこの夏も終わりです。

 

 電子カルテ、診療予約システム更新中です。この2週間はWebでの予約はできませんが、クリニックは閑散状態ですが三密を避けて電話予約を承っており待ち時間ないとおもいます。

 愛知県で緊急事態宣言の出されていた間はオンライン中心での診察とさせていただいておりましたが、症状に応じて最適で柔軟な対応をとと考えております。

 

 予約システムは9月14日から新しい電子カルテと繋がり完全稼働予定です。その頃にはコロナ の流行が落ち着きWeb予約が可能な状況になればとおもいます。

 予約システムが一部使用できる9月2日からインフルエンザワクチン予約を開始します。

 

 コロナの流行は名古屋周辺では落ち着いた様子で、指定感染症から外れるとの予想もあり、PCR検査の拡充も見込まれ秋には開業医レベルでも不安なく検査できるようになるのでしょうか。と考えていた矢先、一先日名古屋市から唾液鼻咽頭液のコロナ抗原、PCR検査を開業医でも登録すれば検査可能になる旨の書類が送られ登録するかどうか悩みましたが、大人でも唾液の採取でも結構飛沫感染が危険で、やはり防御体制の不十分な当面当院では不可能と判断しました。名古屋市でも検査センターは秋から拡充されるようで紹介は可能です)

 

 

2020年8月19日

 灼熱の暑さで本当に日中歩くのも大変ですが、日の出が遅くなりお盆過ぎるとやはり残暑でもう少しの我慢かなとおもいます。

 名古屋のコロナも少し落ち着いた感もありますが、近隣での発症状況から、ワクチン健診以外の方はオンライン診療(無料です!Skypeを利用していますが、スマホによってはアプリの導入が不便なようで電話での対応も可能です)中心とさせていただいております。学校、園へも子供たちは予防しつつも通っているわけで、うちのやり方は神経質すぎるのかと日々自問自答しつつ、現時点でベストとおもわれる方法で細々と診療を続けております。

 

 近隣の大病院もコロナ患者受け入れ体制をとるため救急外来中止のファックスが届きました。熱が続いたり感染症で紹介するような患児がいないのが幸いですが先日もお盆前でしたが1歳児で熱が1週間近く続き、コロナ相談センターに連絡するもまだPCR検査の段階ではない?と断られi医師会のPCR予約も既に予約いっぱいで(こちらも自家用車でドライブスルーできる人に限られ、開業医からの予約も8/10時点では前日の夜間0時からに早いもの順でのネット予約で、昔のチケットぴあか!枠は日に30数名で土日は検査できませんでした)なんとか第二日赤でPCR陰性を確認後小児科で対応していただけました。

 

 昨日ネットニュースの見出しに小児科患者半減!とありうちだけではないのだなと実感。40年前は昼ごはんも食べられず半日で100人以上診察してたのに今は、、実は不要不急だった?小児科、、なんとかコロナ禍を踏ん張っていきましょう。

 

 

2020年8月16日

 お盆休みも終わり明日から診療で、名古屋では小中学校も始まるようです。猛暑で熱中症にも要注意です。

残暑というか灼熱のお盆でした。名古屋のコロナの流行が大変な事態で田舎への帰省も憚られ、孫達にも名古屋に来ないようにとしか言えず、ステイホームでウォーキングもやめ1日30分の庭掃除だけでひたすら無料のAmazonビデオ見てました。義母と娘のブルース、よかったです。これで佐藤健を知って、次は天皇陛下の料理番一気に見ました。主人公の兄役で学問の志半ばに結核で倒れる鈴木亮平に魅せられました。久々に涙するドラマでした。

 

 Webでの自動予約は中止しております。当面ワクチン、健診以外は主にオンライン診療で対応します。Skypeを利用していますが、初診以外の方は電話でも可能です。当院では唾液も含めコロナの抗原検査は行いませんが然るべき検査センターへの紹介などは随時対応しておきたいと思います。

 

 コロナ禍、新しい生活様式でわが小児科こそ不要不急の診療科だったのかと自問自答するほど患者激減の日々が続いています。コロナ収束の日まで、また自身の小児科医人生の終焉までwe'll keep on fighting ’til the endの境地です。今日も元気出すためクイーンのドキュメンタリー見ました。フレディ・マーキュリー、クイーン本当に最高です。70年代ちょうど大学生でTVも情報もない生活でしたがクイーンを知らなかった私って一体何??、、フレデイもまさか40年以上も経ってこの歌がエールになろうとは予想だにしなかったでしょうね。

 

 

2020年8月10日

 愛知県、名古屋で新型コロナの流行が大変な事態になっており、先日からオンライン診療主体にした途端、近隣の保育園でも発症があり濃厚接触者としてPCR検査の対象となった幼児が何人かあるようです。

第二波の到来として予想されていた以上の事態となってしまい、受診される患者も少なく、8月は予定していたお盆休みだけでなく週3回午後を休診としております。

猛暑で朝の散歩以外この連休も家にこもっていますが、お盆に田舎にも帰れず、孫達も名古屋に来ることもできず、鬱々としつつTV、ビデオ見て過ごしております。

 

9月以後は通常の診療体制に戻ります。

9月には電子カルテ、予約システムをリニューアルし、新しく看護師も2名加わります。

インフルエンザワクチンの今年の供給は例年より早まり9月下旬になるとのことです。当院で希望される方にはできるだけ早期の接種をお勧めします。

 

コロナ禍で新しい生活様式になり、小児科も従来の診療スタイルとは変化したものになると思いますが、(半沢直樹のように)誠心誠意患者様のために最善を尽くし診療にあたっていく所存です。

 

 

2020年7月13日

 豪雨洪水でコロナ、猛暑に加え大変な状況です。

クリニックも7月に入り溶連菌感染による熱、胃腸炎症状の子が目立ちます。コロナの発症は近隣では無く、園学校も普通に授業が再開され夏休みが短縮されるようで、注意を払いながら対面診察を行なっております。

患者も少ない中なんとか診療を続けておりますが、スタッフの体制が整え難い状況となり、秋のインフルエンザワクチンも始まる大変なシーズンに備え

 7月の月曜以外の午後診療を休診とさせていただくこととしました。

 月曜午後は通常通りの診療とさせていただきます。

秋からは新しい看護師が加わってくれます。

ちなみに、、私は年にもめげず元気ですのでご心配なく(微笑)

 

 

2020年6月16日

 先週末は雨で鬱陶しく、どこにも出かける気も失せ草むしり少しお片付けの休日でした。

熱中症の危険性もあり、外でのマスクは避けて良いようですが、ついクセになりつけて歩いています。愛知ではコロナの新規発症は昨日はなさそうで、ネットニュース、患者数の統計は見ますが、TVの報道番組など見る気にならず、暗いトンネルは抜けたもののまた次があるのでしょうか。

昨日のネットニュースで”小児科離れ”の記事があり身につまされる思いでした。少子化だけでなくワクチンの普及でうちの孫たちもほとんど病気で小児科受診することもなく、さらにコロナの影響で本当に小児科不要の新しい受診様式になってしまうのでしょうか。

 

先日朴葉寿司をいただきました。青々とした朴葉に包まれ手作りのお寿司でふるさと東濃地方でこの季節によくいただいており本当に懐かしく祖母のことが思い出されました。祖母は終戦後に夫を肺炎で亡くした為、戦死遺族年金はもらえず女手ひとつで3人の子、親戚の2人の子も引き取って育てた人でした。千代という名でちぃばあと呼んでいました。自分と同じ名前の千代の富士が好きで、よく朴葉寿司、箱寿司、おはぎ、からすみ(米粉を練った東濃地方のお雛祭りのお菓子)五平餅を作ってくれました。

 

 

2020年6月12日

 猛暑で熱中症に注意です。昨日から雨模様で梅雨入りとなるでしょうか。

コロナの発症は名古屋では最近はないようでこのまま落ち着くことを願うばかりです。東海三県の行き来は今月から大丈夫になったようで(19日からだと思い込んでいました)数ヶ月ぶりにご無沙汰している岐阜の老母のところへ行こうと思った矢先、瑞浪の母もかかっている病院で発症がありまた当面行かれません。大変な田舎ですので万が一町で発症があった場合はどこから移ったと大騒ぎになります。母は90歳になり耳も遠くなりましたが大きな病気はなく孫の買ってくれたiPadで”みてね”の動画をみたりfacetimeしたりして本当に頑張っており立派です。

 クリニックはまだ自動予約は見合わせておりますが、ワクチン以外での受診は少なく、新しい生活スタイルがここ小児科にも波及する時代になってきたのでしょうか。

10月からのインフルエンザワクチンを小児科開業医の使命としてどのように安全にやっていくのか、コロナが完全に収束している可能性は低く昨年までのようにワクチン枠に数十人来ていただいてというわけにも行かず思案に暮れています。インフルエンザワクチンは例年10月中旬ごろ入荷し接種開始しておりましたが、今年は2週間ほど早くなりそうで、コロナワクチンの普及は早くともとも来年になりコロナの第二波到来も予想されインフルエンザワクチンは早めの接種が推奨されるでしょう。

 コロナの自粛生活中はせっかく習い始めたスイミングも中断となり、日曜は可能な限り近場のウォーキングで出歩き、信長攻略!北は名古屋市内の庄内緑地公園の星神社から榎白山神社、熱田神宮、南西では豊明と名古屋の桶狭間伝承地、沓掛城址、各砦回りました。先週で大河ドラマは一旦中断となりましたが、染谷翔太の信長から目が離せずワクワクドキドキの桶狭間の戦いでした。やっぱり私も戦国武将では信長が一番好き!

 

 

2020年5月29日

 来月から学校幼稚園が再開となり、昨日登校姿の中学生を見かけました。

名古屋ではコロナの新たな発生はなくなんだか落ち着いた感じでほっとしていましたが、また東京北九州で新規感染者がみられまだまだ要注意です。

Webでの自動予約ももうしばらく中止で行ったほうが安心かと考えています。患者は少ないので直接電話でご案内しております。

今月は学校再開前でワクチン接種の子がほとんどでした。集団生活がなくステイホームだと感染の機会が減るのか、熱の子も少なくまだ手足口病など夏風邪の発症はありません。

まだまだコロナのワクチン接種が可能になるのは先のことと思われ、今年度のインフルエンザワクチン接種もどのように行うか予定も立たずです。

 梅雨に入るようで暑く鬱陶しい毎日ですが、毎日しっかり睡眠をとって今日も元気に皆様をお迎えします。

 

 

2020年5月20日

 緊急事態宣言が愛知でも解除され来月から学校幼稚園が再開されます。

名古屋市でも新たな感染者はないようでほっとしていますが、病気で受診される患者は激減しております。

まだネットなどでの予約は行なっておりませんが、自家製防護服での対面診療の状況は脱したと思われます。ご希望の方にはオンライン診療も行なっておりますがやはり動く小さい子相手ではなかなか困難です。

風邪などの感染症の方と、ワクチン健診の児とは全く別枠で診療させていただいております。また暑い中登園登校が始まれば体調を崩されるお子さんも増えると思いますが、どうぞ早めにご相談ください。

かかりつけ医としてベストな診療をいつも心がけております。

 

 暑くなりマスクしてのウォーキングも慣れたとはいえ少々キツくなってきました。マスクはお母様方にいただいたりスタッフが手づくりしてくれたりでなんとか入手できるようになっていますが(もちろん自宅にもまだアベノマスクは届いていません)まだアルコール消毒薬が十分とはいえず3月に医師会に申し込んだ一斗缶もまだ届きません。この先のことを考えると憂鬱になりますが一旦はトンネルの出口に近付いたのですし、日々献身的なスタッフに支えられ、You are the championsのメッセージに応え、私も終息の時まで頑張り続けていきます!

 

 

2020年5月14日

 本日愛知県も緊急事態宣言解除となるようです。

4月下旬には急遽オンライン診療を導入しました。連休明け後この1週間は疑いの患者は見られず、名古屋市内でも発症状況が落ち着いてきており対面診療にお越しいただくケースが増えております。他の病気の流行もなく定期ワクチン接種で来院される親子がほとんどです。

ネット予約は受け付けておりません。症状に応じて受診の時間、診察の仕方(オンラインか、対面診療かなど)を指示させていただいております。当面はこの方法で注意しつつ診療を行なっていきたいと思います。

クリニックの換気消毒掃除は徹底し、手洗いマスク着用にも努めています。おもちゃ類もだいぶ片付けて少なくなっています。

学校も前倒しで今月中に徐々に再開されるようですが、気を引き締めてなんとかこの事態の中がんばっていきたいと考えております。

 

 

2020年5月7日

 5月の連休が終わり今日から診療再開です。

3月末に医師会休日診療所の日直当番だった頃はまだ名古屋市内の感染者情報はなく、海外からも空港封鎖前に帰国されていた時期でしたが日赤などの救急外来は紹介患者の受け入れがストップされており、一体どのように感染の疑いのある患者を見て行ったら良いのか、医師会からの指導は全くなく当事者任せで不安でした。幸い熱発の患者はなく1年前の同時期にはインフルエンザ疑いで100人以上もいた患者も10数名と少なくなんとか無事終了し安堵しましたが、その後新型コロナウィルスをめぐる末端開業医での情勢も日々刻々と変化し、4月中旬からはオンライン診療を開始しました。学校、幼稚園がおやすみで保育園も登園自粛されているかたも多いようで、こどもたちも感染の機会が少ないのか、クリニックで感染の不安があるのか本当に患者が少ない状況ですが、一人一人にベストな対応を心がけております。

 連休中もコロナ情報に釘付けでしたが、ネットで無人の大聖堂で歌うアンドレアボッチェリ、そしてクイーンの”You are the champions”発見しました。

 アダムランバート+クイーンの1月末のコンサートは、やはりフレディじゃないし、ジョンもいないしブライアンとロジャーは歳とってるし、散々迷った挙句諦めましたが、伝説のチャンピオンの歌詞をあなたがたがチャンピオンだと変えて歌うアダムランバートは圧巻で何度も再生しました。医療従事者に向けてのメッセージで若き日のロジャーそっくりの医師の娘さんも登場されています。私たちも最末端の一医療従事者にすぎませんが、この歌はは世界中のすべての人々への亡きフレディからのメッセージ(クィーンのメンバー達も初めてフレディから披露されたとき、時代錯誤感もあったのか笑い転げたそうですが)ようにも感じられました。緊急事態宣言も延長され、出口のないトンネルの中のような閉塞感の毎日で鬱々としていますが、we'ill keep on fighting 'til the end!!元気出して!

 

 

2020年4月29日 今日のクリニック

 コロナウィルス対策で日々スタッフと共に医師会厚労省などの最新医療情報を確認しつつ診療を続けています。

一開業医として当院の設備でできるだけの感染予防対策をとっています。先週からは熱の方はもちろんですが咳鼻水といった感冒症状の方もほとんどオンラインで診療しています。

 

つい先週にはオンライン診療をお断りしていた方もSkype利用での診療態勢も整いましたので是非ご連絡ください。当院にご登録のない方以外は初診でも利用可能としました。

GWは暦通り診療しております。本当にこの時期熱、咳の症状が続けば、コロナウィルス感染も懸念され名古屋では保健センターに連絡していただくしかなく、近隣の病院もコロナ以外でも救急の受け入れがストップしており、開業医の視点からもどこにも責任を持って紹介させていただくことができず医療崩壊に突入している印象です。

 

小児科医として40年以上!休むこともなくひたすらまじめに日々診療を続けてきましたが、この年になってネット、通信機器を使ってHPで情報発信してまで自分なりに頑張ることになろうとは予想だにできませんでした。

悪夢のようなこの事態が1日も早く終息しますようにと願うばかりです。

 

 

2020年4月25日 今日のクリニック

 愛知県で休校延長が決定されました。名古屋市も同様になるのでしょうか。山中教授の言われるように長期戦になるのでしょうか。

stay homeの効果か小児科で感染もらってはと受診抑制されているのか、病気で受診される子はほとんどありません。

どこかの病院長がスタッフが家にも帰れず疲弊している医療現場について嗚咽しつつ会見しておられました。医療崩壊が懸念されるなか命がけでコロナウィルス患者にあたっておられる病院のスタッフの方々に比して当院のこの閑散ぶりがもどかしい思いですが、一開業医としてできるだけの努力をとスタッフ一同緊張した思いで一人一人の診療にあたっております。

ワクチン健診、熱だけでなく感冒症状の全くない子のみ院内で診察し、待合室も人数を制限し他はご理解の上大半をオンライン診療に切り替えています。

親御さんの中にはご心配でワクチン接種を控える方もおみえかもしれませんがこのように万全の態勢で臨んでおりますので予定の定期接種は遅らせることなくご予約ください。

 

 

2020年4月21日 今日のクリニック

 本当に患者は激減しクリニックは閑散としていますが、日々変化するコロナ感染情勢にスタッフ一同気を引き締めてがんばっております。

 

 オンライン診療を開始し先週から受診されている方々にご案内しております。

 小児科として導入しやすいのは保護者の方がスマホなど扱い慣れていてすぐに利用できることだと思います。

 昨日名古屋駅市の保健センターへオンライン診療している旨の回答を提出しました。

 当院に受診歴のない方は利用できません。

 初診の方でも利用していただけることとなりましたが、かかりつけ医としての患者との信頼関係の下で可能なコロナ対策の一手段ですので、しばらく受診のない方などは場合によっては一度お越し頂くことになります。

 またカード決済、自宅へのファックスなどでの処方箋の送付などのシステムは用いておりませんので、お支払い、処方箋は受け取りに来ていただく必要があります。何卒ご理解ご協力のほどお願いします。

 まずはお電話でご相談ください。

 

 

2020年4月18日 今日のクリニック

 新型コロナウィルス感染拡大で緊急宣言が全国に拡大され、緊迫感が高まっております。通勤時山崎川沿いを歩いていても、昨日でもすれ違う10人に4人は(数えましたが)マスク着用せず横に並んでおしゃべりして散歩されている人もあって、この事態での各人の受け止め方の温度差に愕然とします。

 

 当院としましても、知恵を出し合ってできる限りの感染予防策を検討し、2日前から実施しております。

熱発など何らかの感染症がうたがわれる方はお車などでお待ちいただき個別に対処させていただいております。

可能な限りオンラインでの診療も開始しました。

 

 Webなどでの診療予約は中止させていただいております。

 お電話や前回受診時に診療予約された方は予約時間をお守りください。

 再診予約であっても受診時に熱、咳など感染症がうたがわれる方は必ず事前にご連絡ください。

 

 

2020年4月15日 今日のクリニック

 クリニックは今日もワクチン、健診の方、湿疹、溶連菌感染後の検尿のかたが数人で、熱発でコロナ感染を疑う児はみられません。

 名古屋市内の保育園でも感染者が数名、近くのドラッグストアでも従業員の感染があったようです。

 

 受診希望される方はまずお電話で状態を伺っております。かかりつけ医として当院に来てくださる患者には最善の対処を心がけております。

 

 

2020年4月14日 今日のクリニック

 新型コロナウィルス感染防御のため先週からネット予約を中止するなど当院としましても患者様に安心して受診して頂けるよう細心の注意を払いこの未曾有の事態を乗り切るよう努めております。

 昨日は熱発の患者はほとんどなく、溶連菌感染など原因が明らかな感染症では抗生剤投与などで最適な治療を心がけます。ただ溶連菌感染としっかり診断できた患者の中にもBウィルス感染、突発性発疹症、中には溶連菌でも見られる嘔吐腹痛で虫垂炎を併発していた児もあり、普段すぐに紹介させていただいている近隣の病院も救急外来が受け入れ制限、中止となっている事態で、本当に一例一例心配しながら慎重に対応させていただいております。

 気候変わり目で喘息でゼイゼイ、咳出す子もおみえですが、吸入、鼻吸引など処置はせず、内服、場合によっては点滴施行し、呼吸状態など観察ポイントをお話ししております。

 かかりつけ医として慢性疾患、喘息などで定期受診されている方はオンラインでの診療を開始しました。ただ、保険医療証の確認、処方箋の受け取りにはご家族の来院が必要となります。

 昨日本日も患者はワクチン接種の方がほとんどです。待合の三密を避け予約以外の方はお受けしておりません。

 

 医師会配給の49枚のマスク、小さいサイズとあり使用してみたら顔がはみ出てほとんど子供用でした!笑、、女世帯とみられたのでしょうか。

 ウォッカ購入したと思ったらニュースで手洗いに使用可能と言ってましたがすぐに売り切れてました。みんな考えることは同じですね。

 

 当面今週のクリニックではなく、今日のクリニックとして院内情報を発信していきたいと思います。

 

 

2020年4月12日

 愛知県でも緊急事態宣言が出されました。山崎川の桜も散り花見の人もまばらになりましたが、ライトアップこそされませんでしたが満開時にはマスクもつけずに連れ立って歩く人も多く、スーパーなどではレジは密集混雑し一体どうなっているのと思います。

 クリニックではコロナウィルス関連の情報を日々共有し、スタッフ皆で知恵を出し合い受診してくださる患者様に最善の状態で今の時期をなんとか乗り切っていこうと努力しております。

 

 学校もお休みで外にも出られず、感受性豊かなこどもも鬱的になるのか、溶連菌感染による嘔吐熱などの症状はすっかり改善し検査も問題ないのに食事を受け付けつけないと心配な児もおみえです。

 

 マスクもなく医師会からの配布はたった49枚!とこちらに記載したところ、先日はお母さまから少しですがよかったら使ってくださいとマスクをいただき感激しました。本当にありがとうございます。スタッフも手作りしてくれています。

 

 先日お知らせしましたように、スタッフ一同手洗い消毒、感染防御に努め、院内は3密を避け、当院かかりつけの患者で熱発3日以内の方などはお車などで診察させていただきます。私どもが感染防御服を纏うことはないとは思いますが一開業医で入手できる可能性はなくちょっと考えてこちらも手づくりで(使い捨てレインコートとファイルなどで、笑)用意しました。

 

 消毒用アルコールも医療機関でもなかなか手に入らず、医師会からアルコール一斗缶の供給の希望の問い合わせがようやくあったような状況ですがこちらも扱いが心配で、楽天Amazonで探しても価格は高騰し入荷も5月末などで見つからず、悩みましたが酒造メーカーが製造始めたウォッカをようやく注文できました。ジェルなどクリニックの在庫が無くなったらウォッカになるかもしれません。本当に一開業医は竹槍でB 29に向かっていくようなもの(ちなみに私はもちろん戦後世代)です。

 

 ワクチン接種、健診などは安心してお越しいただけると思います。

 

 当面の間ご迷惑をおかけしますがご理解ご協力のほどよろしくお願いします。

 

 

2020年4月10日

 本日愛知県でも緊急宣言が独自に出されるようです。新型コロナウィルス 流行に伴い診療にあたる一小児科医として感染情報、医師会、近隣の病院の一般患者の受け入れ状況などスタッフと日々検討しつつ、なんとかこの状況を乗りきっていくよう努力しております。4月9日から当面下記のように対応させていただきます。

 

 ・感染防止のため当面の間、ネットなどでの自動予約を中止します。直接お電話ください。

 

 ・熱のある方はお車などでお待ちいただきます。状況によっては医師が出向き診察させていただくことになります。

 

 ・37.5度以上の熱が4日続く方、呼吸困難、味覚嗅覚障害などコロナウィルス感染を疑われる方は相談センターにご連絡下さい。当院では PCR検査はできません。

 

 ・手洗い、院内の換気、消毒を徹底します。吸入、鼻吸引などの処置は行いません。院内での人の集中を避けるため予約数は制限しておりますが、予約時間をお守りください。

 

 ・大変心苦しいのですがかかりつけでない新患で、熱の方は診られない事態ににもなっておりますので、近隣に転居されたばかりの方当院受診歴のない方は早めにご登録をおすすめします。

 

 ・従来通りワクチン、乳児健診、湿疹、アレルギーなどは感染症のことは全く別枠で対処させていただいております。

 

 大病院では患者増加で医療スタッフも緊張と疲労困憊で大変な中診療にあたっておられます。逆に開業医は、感染防除服どころかマスクも(先日医師会から初めて49枚!配布されました)消毒用アルコールもなかなか手に入らず、患者激減し経営も危うい状況ですがなんとか地域の医療を支えるため、なんとかこの未曾有の事態を乗り切っていきたいと考えております。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力いただきますようお願い申しあげます。

 

 

2020年4月7日

 毎年見事な花を咲かせてくれる山崎川の桜も散り始めました。

 

新型コロナウィルスの流行で昨日入学式の行われた学校も19日まで休校となりました。愛知は緊急避難事態宣言の出される都府県には入らないようですが、名古屋でも一般救急患者の大病院救急外来の受け入れがストップし、時間外では普段紹介している病院が受け付けてくれず、末端の一開業医としましても我が身もですが医療崩壊という現実が頭をよぎります。

 

当院では慎重に通常の診療を行なっています。患者数は激減しておりお待たせしたり混み合ったりはありませんが、当院でも手洗い、マスク着用、換気消毒につとめ、待合室で密集を避けるためのWebでの予約患者数を制限しております。

希望時間に予約できない場合は直接クリニックにお電話ください。症状によりお車で待機していただく場合もあります。

 

当院ではレントゲン撮影で肺炎の診断、新型コロナウィルスのPCR検査はできませんので感染がご心配な方は直接相談センターにご連絡ください。

 

 

2020年3月30日

 桜も満開に近くなるというのに新型コロナウィルスの流行でニュースに釘付けですが、休日も自宅で過ごし本当に鬱々とした状況です。

クリニックも閑散としています。当院といたしましては手洗い換気を始め、ハンドドライアーの使用中止、吸入、鼻吸引などの処置を控えるなど感染予防に努めています。

それにしても医療機関にマスク、アルコール消毒液が十分に行き渡らない日本の医療事情はなんなのでしょう。

 

 この春も卒業入学と嬉しい知らせをいただいております。あの小さかった子がもう高校生、大学生とは感慨深いものがあります。本当におめでとうございます。

 

 

2020年3月18日

 春の訪れで三月はいつもなんとなくうきうきする季節ですが、新型コロナウィルスの流行で本当にとんでもない事態となり、外にも出られず気持ちも晴れず鬱々とした状況です。楽しみにしていたアンパンマン展も行こうと思った途端に博物館が休館となってしまい終了してしまいます。名古屋市営プール、ジムも今月いっぱい休館、ウォーキングイベントも軒並み中止です。田舎の母に会いに行くのも控えています。本当に一日も早い終息を願うばかりです。

クリニックもそんな事情か患者はまばらです。インフルエンザの流行は落ち着いてきたようですが溶連菌感染で高熱嘔吐の児も目立ちます。

季節の変わり目で咳き込み喘鳴きたす児も見られますが、このような事情ですので院内での吸入、鼻吸引などの処置は控えております。

 

 

2020年3月5日

 三月になり河津桜は満開で、ソメイヨシノも蕾が膨らみ始め大好きな春の到来ですが、新型コロナの影響で不安で抑うつ的な気分です。

クリニックはインフルエンザの発症も下火になり、受診抑制もあるのか閑散としています。

Hibワクチンの供給も十分になりましたのでいつでもお受けできますが、小児用B型肝炎ワクチンの供給不足が続いています。

 

 

2020年3月2日

 新型コロナウィルス の流行で今週から幼稚園学校もお休みとなり大変な状況です。

週末もスーパーが混雑している以外は名古屋市のプールもアンパンマン展やっている博物館も、ウォーキングツアーも全てお休みで、落ち着かない気分で家で過ごしていました。

クリニックは通常通り診療をしております。今年はインフルエンザの流行は例年に比べかなり少ないようです。

本当に一日も早い新型肺炎の収束を願うばかりです。

 

 

2020年2月8日

 インフルエンザの流行が続いています。A型B型ともにみられま学級閉鎖の園、学校もあるようですが、何度インフルエンザ検査しても陰性で咽頭炎、溶連菌感染の児も見られます。ノロウィルス腸炎流行もあります。

嘔吐下痢症状のいわゆる”胃腸風邪”と言われる中にも溶連菌感染、腸炎、咽頭炎のこともあり、急激に脱水状態低血糖状態に進んでしまう児も見られ、点滴処置などクリニックでできる限りの治療をしますが病院紹介に至る場合も多々あります。

先日京都に行きましたが、駅も新幹線も電車もガラガラで新型肺炎の流行の影響で本当に物凄い状況なのだと実感しました。アメリカではインフルエンザが猛威を振っているようです。一日も早い終息を願うばかりです。

 

 

2020年2月4日

 インフルエンザの流行が見られます。溶連菌感染症の流行もあり少しクリニックも賑わっています。

暖冬か雪も降らなかった名古屋の一月も終わりです。山崎川沿いのロウバイ、水仙も満開の時を過ぎ、今サンシュユ、マンサクの蕾が膨らんでいます。ふるさとの寒村で木々の花で春の訪れを最初に感じさせるのがマンサクでしたが当時は名前も知りませんでした。

 最近ではネットニュースを毎日見る程度であまり読書に時間を割くことがありません。図書館が近くにあってもとても足を運んで本を借りる余裕もありません、先日久々にエッセイを一気に読み上げました。名古屋大学の老年科教授だった先生が書かれた”誰も老人を経験していない”という本で、謙虚で誠実でユーモラスなお人柄が偲ばれる思いででした。その中で触れられていた自分は老いたという感覚がまったくないのを年齢同一性障害というのだそうですが、かく言う私もそうかなと思ってしまいます。超肥満だった若い頃よりは運動能力はむしろ向上している感があり、ウォーキング10kmは楽勝で今の所体も痛みなくよく動いて採血点滴の腕もますます磨かれ?毎日元気です。今も度々夢で、まだ自分は青春の頃で大学入試の勉強が不十分だったり(必ず数学IIIです、数学ができなかったトラウマでしょうか)、卒業試験医師免許試験の期日が迫っているのにまだ過去問やってないとか繰り返され、、、朝目覚めて、あれ?自分は何歳だったっけ、もう試験はないんだと安心したり、本当に馬鹿げていますが不思議な感覚に襲われます。ですが現実は、忘れごとが多く漢字が出てこなかったり物を取りに行って忘れて違うことをやっていたりがっかりすることも多々ありです。認知症になっりするのは色々思い悩まなくなるようにとの神様の贈り物だとドキュメンタリーでやっていましたが、まだまだ悩み迷い不安だらけで全く年相応の悟りは得られませんが、日々成るように成ると過ごしていくのが私の生き様かなと思います。とまたとりとめのないことを書き連ねてしまいましたが、今日も一日元気で頑張りましょう。

 

 

2020年1月22日

 週末は寒く、どうかなと思いましたが今年は名古屋はまだ雪は降りません。山崎川沿いに水仙、ロウバイも花咲いています。かすかに梅の花の香りがすると思ったら蝋梅でした。本当に蝋でできたように黄色く透き通って美しい花です。

先日は伊勢神宮で外宮から内宮まで参宮街道めぐりのツアーでした。近畿文化会が主催で今回が最終回、私はたまたま見つけ今回初めての参加でした、講師は来村多加史先生で顔見知りのメンバーが数人一緒でした。奈良関西はじめ関東からの参加者も多く先生の人気ぶりには驚きですがいつもながら完璧な資料と下調べ(なんと毎回日に30kmはあるかれるそうです)参加者に配慮したエンターテイナーぶりでした。伊勢神宮内宮はおかげ横丁は歩けないほどの人混みでお土産屋も行列でとても並んで買う余裕はありません。先生が普段と違いスーツ姿だなと思っていると正式参拝がコースに組まれておりご祈祷、神楽舞を堪能できました。

 インフルエンザの流行も少しありますが、クリニックは閑散としています。ノロウィルス腸炎の子、喘息発作きたし点滴が必要な児もありました。

看護師でこの秋の大変な時に予定を伸ばしてまで助けてくださったNさんが横浜に転居され退職されました。本当にありがとうございました。いつも謙虚で誠実で優しく救われる思いでした。昨年春に親御さんの介護で辞められた看護師のHさん、お元気かなと思い出しながら久しぶりの栄でiphone修理して歩いているとなんとばったり出会いました。相変わらず美しく装っておられ本当に一致性というか、その人のことを考えていたら遭遇し驚きました。ご縁とは不思議なもので、今こうやって元気で暮らすことができ仕事でも困った時には救世主のごとく助けが現れて自ずと道がひらけ、10年以上前スピリチュアル、気功、鍼灸にはまっていた時”今起こっていることが最良の巡り合わせ”とノノさんがおっしゃっていたことを思い出します。今が一番最高、クリニックに来てくださる患者さま、スタッフの皆さま、支えてくれる家族に感謝し日々精進(?)して行きたいと思います。

 

 

Copyright (c) Kodomono-Shiro Clinic. All Right Reserved.